お見積もり無料建築塗装のことならなんでもお問い合わせください。

施工の流れ

施工の流れ

01

 

お問合せ 無料診断 見積提出

お電話、メールからのお問合せの後、現地へ行き、塗装の劣化状態の確認と、平米数の実測(図面があればコピーさせいただければ幸いです) 同時に足場工事(飛散防止ネット)担当も同行します。所要時間は30分〜1時間程度です。

02

 

着工前挨拶

工事開始の前日または当日、ご近所の皆様にご挨拶文とタオルを持って、ご近所に挨拶して回ります。ご挨拶例文はこちら

03

 

足場組立・メッシュ取付

足場工事、塗料の飛び散り防止のため、飛散防止ネットで囲みます。

04

 

仮説トイレ設置

近くに公衆トイレやコンビニが無ければ、仮設トイレの設置が必要になります。費用はササペン塗装で負担いたします。(設置は足場工事の前日か当日)

05

 

高圧洗浄

屋根や外壁の塗料のウキ、コケや藻をトルネード高圧洗浄します。クラックやシーリングの痛みが激しいときは、先にヒビや目地のシーリングをして水の浸入を防ぎます。

06

 

養生

塗装する際に塗料が付いてしまうと困る箇所をビニールなどで保護します。

07

 

カラー鋼鈑屋根塗装

棟板金や谷板金の(長い年月、風や地震で釘が出てくるので)釘の打ち込みをして錆止めを塗装します。屋根の塗装は高圧洗浄〜錆止め(下塗り)〜上塗り1回目(中塗り)〜上塗り2回目(仕上げ)です。 シリコン樹脂塗装・遮熱塗料・フッ素塗料と多種の塗料があります。

08

 

コロニアル(カラーベスト)

釘打ちをして高圧洗浄〜浸透性エポキシプライマー(シーラー)を塗装します。塗料により隙間が塞がらないよう縁切り作業又はタスペーサー工法いたします。屋根の上塗り1回目(中塗り)〜上塗り2回目(仕上げ)です。 シリコン樹脂塗装・遮熱塗料・フッ素塗料と多種の塗料があります。タスペーサー工法については、こちら(株式会社セイムのHPにリンクしています)

09

 

シーリング補修

シーリング工事は目地部分の古いシーリングを撤去して打ち直します。軒天回りサッシュ回り重ね打ちします。不都合があれば撤去して打ち直します。

10

 

清掃

現場周辺の清掃を行い、元の状態に戻します。

11

 

産業廃棄物処分

廃油処理(東北油化へ持ち込み)廃ビニール養生(株式会社泉・収集)刷毛など道具を洗った水は公害を招くものについては(廃油処理扱い・東北油化へ持ち込み)

12

 

工事終了

入念なチェックを行い、お客様にご確認いただいてから足場の撤去を行います。

建築塗装の用語説明

破風

雨樋(横樋)が付いている板が破風です。雨樋の水漏れや割れがあれば補修して破風と同じ色で塗るのがオススメです。ケレン(サンドペーパー掛け、2回塗り)

幕板・化粧板・付け柱

1階と2階の境目に付いている帯状の板、飾り柱、建物の四つ角やサッシュ回りを化粧している板。軒天は外壁の上の天井です。多くは、非水系塗料が使われています。板金笠木・水切り・縁切り金物・霧避け(庇)・雨戸・高圧洗浄・錆止め・上塗り2回、屋根と同じ仕様です。

面格子・手摺・換気口

窓に付いている盗難防止の格子、手すりはほとんどがアルミ製品です。換気口は軒天や外壁についています。

ベランダ床塗装

シリコン塗装やFRP塗装専用などがあります。